2018年8月19日日曜日

ヤキモノ屋の娘、夏休みの工作は土器づくり 紐VS板

 世のお父さんお母さん方は、その昔の実感タップリあるので「宿題は早くやっとけよ~、やることないなら宿題でもしとけ!もう八月だぞ!もうお盆だぞ!お盆過ぎちゃったぞ!」等々、何回口にしたかわかんないことでしょうね。(まあわたくしなどひとっつもやったことない逃げ切り組だったんですが・・・)
 でも最近の子供たちはえらいもんで「なもんやらねえよ!」という選択肢はなく、普段から宿題は必ず四の五の言いながらもやってますね。結局やるなら早くやればいいものを、でもやらない。

 相変わらず小学生は工作(多くは貯金箱なの?)作るみたいです。
ウチは当然ヤキモノで作るわけですよ。理由は、道具もそろってるし、いろいろタダだから(笑)
 
で、勝手にやらせとくと・・・
何個も作る。なぜかスピードはある。できてなくもない?

だから、なんだよこれ!しかも無垢?

 ここでお母さんが「それじゃあ乾いたらとれちゃうでしょ!焼いたら割れちゃうよ!やり直す時間なんかもうないよ!毎年言ってるでしょ!」的に袖まくりしつつ参戦。
 
厳しい指導により一気にグレードアップ、なぜか縄文土器的な何かが・・・
そしてシワをなでつけだすお母さんの手

本人(小4女子)手持無沙汰になり得意の習字を披露?
装飾用の細い紐を作る(らされる?)こととなり・・・

薔薇って書けるらしい。これをどうしろと…

 なんと、ここまできて、作りたいのは土偶風貯金箱だったと判明。早く言えよ!
 
お母さん、紐作りを推奨。
お父さん、板しっぴいて貼り合わせるのが早いと推す。外野の意見が割れた!

 ここでアンケート
 皆さんどっちが難しいと感じてますか?
 俺はどう考えても紐作りのが難しいと思うんだけどなあ~
 耐火物屋では使わない技法なんで、チャンとやったことないからかもですが…
 
 俺の宿題なら電ロクでパーツ引いてくっつけちゃうけどね。大人だから。

 まあお母さんも忙しいし、とりあえずタタラ作ってひっ付けることにしました。
 板で作れば足の長さが一瞬でそろうわけよ。合わせ目の面積も少ないし。
素ボディ。アンパンマンみたいだな

 で、こないだの図鑑見ながらいろいろ土偶っぽい装飾を(結局一緒に)やってみて… 
ここまでで力尽きました…結局なんだこれ?
マッドマックスの敵キャラか?

小4では無理なレベルではあるくせに
一応とはいえプロが参加したとはとても言えないヘボさ。
なんて言い訳すればいいんだよ。これ。
背中側の端折りっぷりとか・・・

ここで豆知識。肉厚ヘンテコモノの乾燥方法!
バケツかぶせて日当たりに置いとくといいんだぜ~

 まだ焼成が残ってるんですよね。野焼きする気らしいんだけど…めんどくせ!

 よそのヤキモノ屋のお子さん方も夏休みはこんな感じなんでしょうか?





2018年8月15日水曜日

ファインで茶碗の続き!

 昨日、朝起き掛けにラジオからアレサフランクリン危篤ってニュースが!
うちの子供たちが小さいころ、アレサフランクリンとヴァンモリソンしか聞かせないぜ!英才教育だぜ!なんてしばらくやってたんですが、今二人ともばっちり音痴でやんす。おかしいなあ。
 とにかくレディ・ソウル・アレサ、ティーンの頃「カッコよさにしびれたミュージシャン」の一人。まだやりたいことが残ってるなら頑張ってくれ!

 もう一人のかっこよすぎる女子だったアニー・レノックスとの夢の競演(ユーリズミックス&アレサ)
 いろんな意味で最高です。
代表曲はそこここで流れるだろうからちょっと毛色を変えてみました。
 どっかの医大の関係者とか政治家も耳の穴かっぽじって聞いてくれよ~

 以上、記事の内容とは関係ないけどお盆お盆
 



 ---前回のあらすじ---
「ファインセラミックスでお茶碗作るといいんじゃないですか?」
そもそも論としてですね、この場合「いい」ってどういう意味?なにをもって「いいお茶碗」ってことなの?(ってのはヤキモノ人、ことにファイン屋ならお分かりですね)
 性能やデザインの優位性ではありません。こういうこと言う人にそんな知識もまずないです。「高い材料使って高い窯代で作るから高く売れる(万一買うやつがいればだけどね)、なんかよく知らないけど超頭よさそうな理系の研究に使ってるから凄いっポイ。焼く温度もお高いんでしょう~」程度のことです。
 つまり「高純度アルミナでお茶碗作ってもしょうがないよ!」 ってことなの。
 あの歴史的気持ち÷映画「3DCGのドラえもん」みたいなもんだよ。
 もうどっから突っ込んでいいのかわかんねえよ! 

だいぶ変わってる気もしますがそういうところまで話しました。


 たとえばアルミナでもジルコニアでもなんでもいいんですけど、普通の陶磁器用としてどう劣ってるかについて
 
 原料の価格高い、成形工程の自由度が滅茶低い、焼成温度高い=窯代高いといったこっちサイド≪作り手サイド≫の都合はこのさい無視することにしますが・・・

 出来上がってからに話を絞ります。
 まず熱伝導率ですかね。ここで係数とか数字出してもしょうがないんで省きますが、普通の食器などに使われてる素地に比べてほとんどのファインセラミックスは大きいです。熱がすぐに伝わっちゃう。
 これがどういうことかというと、熱いお茶なんか注いだ日には指もクチビルもヤバい。あちっちですよ。もうリッキー・マーティン状態ですな。懐かしすぎるけど。これはファイン屋の人は実感あると思います。

 また重い。通常の食器は重い素地でも比重2.5いかないぐらいだと思いますが、アルミナはほぼ4、ジルコニアは6です。アルミナの緻密のるつぼ持ったことない人はピンと来ないと思いますけどイメージする見た目よりずっと重いですよ。ヤキモノ人が見た目で想像する重さより実際重いんですよ。なんか軽い=エライが蔓延する風潮の中、重いんですよ。
 ちょっとこじゃれたカフェ~の極厚エスプレッソカップ(イタリー製)も中身入ってんのもわかんないような広辞苑級ありますけどね。

 総重量は薄さでカバーできるとしてそうなるとまた熱伝導率のデカさが際立ってくるわけです。熱しやすく冷めやすい。オレか!!

 多孔質ならどうなの?比重ずっと軽くなるでしょ?って意見に対しては、マジで水じゃじゃ漏れだから!
 貫入しないような釉薬掛けてもどっかピンするだけで水通っちゃうんですよ。陶器は水滲みますからってレベルじゃないです。素焼きぐらいの気孔率です。
 
 あと強さ。この場合強度ね。割れにくさ。丈夫さ。
 ジルコニアなんか強い強い言ってますし、実際無茶強いんですけどお茶碗作って床に落っことしたら一緒です。普通のが100割れるところ90ぐらいには強いかも知れませんけど。
 洗いモノしててつるっと滑ってジルコニアのマグカップなんか普通の食器の上に落としてごらんなさい、マグは無事でも喰らった方は死にますよ。っツウことは結局一緒ですよね。そんな感じ。

 シリカ(二酸化珪素、硅石だよ硅石)の場合は、熱伝導超低い、焼成温度低い、比重2と軽い。と三拍子そろってキタコレ感ありますが、弱い!サクい!割れやすい!の三拍子も。しかも釉薬掛かりません。といって吸水率の無い緻密質の場合は、価格跳ね上がり。

 で、生で加飾しづらい(何しろ可塑性がない)、釉薬も一から専用に作んなきゃいけないことが多い、ETCと何かイイことありますか?

 むしろこれだけセラミックスの研究が進んでるのに、いまだにお茶碗食器は従来通りってのは遅れてるんじゃなくて、もともと十分優れてるからです。先に答言っちゃう形になりますけど、粘土屋さんはそれ用に坏土作ってるんですよ!
 ただクルクルまわしてその辺ベチョベチョにしてなんか面白いことやった気にさせる為なわけじゃないです。
 それぞれ目的の製品として焼き上がった時の性能が十分で、美的工芸的欲求も満たせる土を、いろんな成形法に適する形で製造してるわけ。それってファインとやってること一緒なの。



 とまあこういうわけです。
 実感したい方は釉薬原料のうち、何か一つ単味で鋳込み成形でなんか作って焼いてみてください。添加材に使うようなジルコンとか酸化チタンとか酸化亜鉛だけ!あたりお勧めですよ。水ガラスと水でチョット溶いて作れると思いますよ。高くつくけどな!


 今日も結局仕事しながらなんですがやたら遅くなっちゃったのでここまで。

 え?だんだん攻撃的になってきたって?
 お盆お盆言いながら結局ちっとも休んでないからですよ!俺が仕事遅いだけだけど。
 ゴメンね!
 まだ続けてみるよ~。


2018年8月13日月曜日

ファインセラミックスでお茶碗!ってバカ言うなよ~って話

お盆ですね。
お盆はみんなお休みでしょうしグダ話で更新済ませます。

 私事ですが8/13が誕生日でして、おめでとう、ありがとう。
 また無為に年だけ食ってしまったんですよね。もう五捨六入でもフィフティと考えると余りのダメ大人っぷりに自殺の一回もしてみたくなりますね。
 小学生のころから使ってる「フィデル・カストロと同じ誕生日なんだぜ!」っちゅうネタも御大が亡くなってから使いずらいし、カストロに替わる同じ誕生日のリビングレジェンドもいないしね。

 まあ何しろありがとう母ちゃん、おめでとうハッピーバースデー俺
デカいケーキうれしい


 と、家族は誰もいない中さみしく石膏流しまくってます。
 その他の作業はお盆休みとしつつ(窯は回ってます)待ち時間に更新の一つも行おうというわけですね。




 よく人に言われるのが「ファインセラミックスでお茶碗とか作るとすごくいいんじゃないの?」ってことなんですよね。平均、年に十人ぐらい。メールで「○○(まあその辺の普通のもの)を超純度の高いセラミックスで作れないか?」みたいな相談受けることもあります。

 えーどっから話そうかな?
 まず言葉!
 「ファインセラミック(ス)」って言葉の決まった正確な定義はそもそも知らないのでさておきます。海外では別にファインセラミックスって言った場合に伝統的なセラミックス(だからいわゆる「陶芸」でつくられる類)との間にすら明瞭な区別はなさそうで、特に磁器ものなんかはファインていう(たぶん掘った土そのままじゃなくて、そのために精製後調整した原料で作ればファインなんだと思う)。とかいうこともこんがらがっちゃうのでさておきます。
 
 この「ファインセラミックスという用語」問題については、気がむいたら長い駄文を垂れ流すこととして、とりあえずうちがルツボを作ったりしてるような、理化学用陶磁器の高純度の理化学用工業用のセラミックスで作ったらいいんじゃない?ってことです。

 「高純度」とか、「理化学」とか「研究・実験」とか、「金属溶解用」みたいなワードの裏に、「最先端技術が使われてるっぽい」とか、「とにかく高そう(これ意外と大事)」とか、「とりあえず凄そう」みたいな意味が見え隠れしてるんですかねえ?

 もちろんほとんどの方は特に知識や興味があるわけでなく、話のついでに面白半分でなんか言ってみちゃっただけですし、こっちも「意味ないんすよ~あはは」「だよね~」で終わるんですが(話し相手が理系の研究者が多いしね)、どう意味がないかをいくつかの観点から説明すると同時に、「意味がある場合」と「実はすでにある!」ということもおはなししようかな~と。
 
 聞いていただきたい対象は
 1、俺のファン(誰だよそれ)
 2、飲み会用や、教室でかわいい初心者の女の子にマウンティングしたい、
  そんなわけでちっとは頭よさそうに聞こえるかもしれない薀蓄ネタが欲しい「ヤキモノ人」
 3、伝統陶磁器を下に見てるファイン屋(ファイン屋は「陶芸好き」ももちろん結構いるんですが、非窯業産地のファイン専門、工場規模がデカい、とかだとこの傾向がある)
 4、ちょっと面白そうとかが金に結びつく以外無い思考回路でできてる、実際何屋なのかがよくわかんない商売人。すぐ「付加価値」とか「誰もやってない」とかいうんだこれが。
 5、とかいいつつも「誰もやってなさそうなネタ」を探してるヤキモノ人にももしかすると役に立つかも? 
 と、言ったところでしょうか。

 第一の根本的なところを言うと、実は誰も望んでないってことに付きます。
しかも第二の根本「ファインセラミックスの各材料は食器をはじめとする陶磁器の材料として劣っている!!」のに。

 たとえばの話ですよ!
「誰も3DCGで寅さん観たくねえから!」
 ってことですよ。

 上にあげた「4番の人」みたいな方が考えそうなことでしてね。どうせ自分ですら見たいと思ってるわけじゃないくせに「フーテンの寅さん3DCGにしたら面白いんじゃない?例年かなりの成績は確保できてるし。誰も見たことない3Dの寅さんだよ!付加価値付加価値!」みたいなこと言い出すんですよ。 
 出落ちみたいなもので、「3D寅=めずらしいんじゃん」しか動機がないもんだから、みんな知ってる大好きなエピソードを矢継ぎ早に切り張りしただけのまったくもって愛の無い映画になるんじゃないかな?
 しょうがないからついでにタイトルも盛り合わせにしちゃおうぜ!なんつって「Stand By Me 寅次郎」。キャッチフレーズも「トラ泣き!」みたいなみっともないことにきっとなると思うんですよ
 こんな映画作ったって意味ないですよね?だから誰も作らないですよね?
 絶対にそんな理由で山田洋二は作らないと思います。映画的な意味がないから。

 しかも毎年恒例の寅さん映画なら、とりあえずいつも十分面白い。アバンタイトルとかで小さな映画表現的冒険も毎年入ってると思います。さすが山田洋二だよ!今年ベストになんて入らないけどね。
 たとえばそれはドラえもんなんかでも一緒だと思います。
 
 たとえ話が長くてすみませんね。でもそういうことなんですよ。つまり。

 これは何か、保守的に凝り固まって「改革や前進をやめて思考停止に陥ってる」ってことではありません。
 実際、ファインの技術知見を使っての食器などは実はあるのでそれは後述します。



と、ここまで書いて、もう今日の仕事終わりになっちゃいました。
  
続きは盆中に書き足します

どう意味がないの。性能が劣ってるってどういうこと?
意味があるとすればどういうことか。実はあるってなに?



2018年8月10日金曜日

ジルコニア 蓋付き

 のるつぼです。
 ちょいちょい紹介してる凸型の見込みに落とし込んで引っかけるタイプではなくて、ただ口元に覆いかぶさる、まあルツボの蓋としては従来型のオーソドックスタイプですね。

 


蓋もこんな感じで、シャーレ=浅皿なので蓋以外にも使えましょう

 蓋の頭に取っ手、ツマミの類も必要でしたら付けますよ~。熱間で中身出し入れするならあった方がいい場合も多いですよね。高純度のアルミナやジルコニアでそれやって割れずに済むかどうかは条件次第でしょうが…






2018年8月8日水曜日

細かい話とか細かい話とか

物理的に細かいのはこれ、大雑把に2mm×3.5mm×0.5mm、みたいな感じ
アルミナで、基盤に使うような薄板から切り出してます。

と、このように、私の写真の腕では何枚撮ってもシャープさが伝わらない。無念
 
次は細かい気づかいをし忘れると台無しだよっってかんじで・・・
 
それなりの数作って予備にも余裕があったもので気が緩んでたというか…
この二本だけ「まあいいか」って感じで焼成までの一時保管中に扱いがややおろそかだったんですよね。窯詰も最後で「まあいいや」って感じで・・・罰は当たる!
 いろいろ忙しかったり気が狂うほどクソ暑かったり「ミッションインポッシブル フォールアウト」なんか見ちゃった直後だと気分が上ずったりテキトーになりがち。
 こいつらの行先はもう、一般陶磁器用の炉材ですな。棚に釉薬ひっついちゃうかもな~って時の下駄とか。うちの座布団とかトチはそんなんばっかりだけど。

 それと俺以外のヤキモノ屋さんが何人使ってるかわかりませんけど「腰袋」
 大工さんとかが鉛筆だの玄能だのコンベックスだのよく使う道具入れてるケツにぶら下げてるアレ。自分も仕事によっては使うんですが、いつだか「アメリカの大工の腰袋はお腹側に来る」という話をどっかの誰かに聞いたことがあってウソくせーと、邪魔だろと。
 自分には他人に内緒にしてる趣味の一つに映画鑑賞があるんですが、工事現場のシーンなんていくらでもあるはずなのに、その話自体を忘れてて気にしたことなかったんですよね。
 
つい最近WOWOW観てたら、そんな与太話を突然思い出すような「おお!」というシーンがありました。
やっぱりケツ側じゃねーか!
字幕の「開けちまった」ってのは、休憩のためにビール持ってきたよ。もう栓開いてるから飲もうぜ!って意味で・・・仕事中にビール?ってのはべつに「アメリカ人だから」じゃなくて、右の大工さんが妻子を亡くしてしまって落ち込んでる、仕事して気を紛らわそうとしてるってのを気使ってくれてるんですよ。












  落ち込んでる大工さんは・・・
アーノルドさんでした(作品名は「アフターマス」意外と良いよ!)
と、いうわけで、少なくともシュワルツェネッガーは腰袋後ろが正解です。細かいうえに心底どうでもいい話ですみませんねえ。

 細かい話をしようと思えば細かくて細かくてまとめらんないよ!という解答になりそうな問題が、おなじみのイノウエセイジさんから出ています。

「今日は陶芸教室の日だわ、うふっ」なんつって部屋入ったらテストだってよテスト!弱ったなオイ!

 設問は、どの問題も「こんな場合は?」「こうとも言えるんじゃないか?」「どこから話し始めましょうか?」みたいな問題ばっかりで面白い!どうやって回答してやろうか!と出される側も緊張しつつ楽しいうえに自分の頭の中整理できていいですよね。俺もかなり考えちゃいました。求められた答えじゃないけど正しい答えとか、間違ってないけどそうじゃねえだろとか。そういう答えも出したいところだよね。
 自分ももう少し笑いが取れそうなら回答を書き連ねたいところですが…

 たぶん明らかな間違いを正すのはもちろんですが、個々人の知識、捉え方、考え方、スタンス等々その向きや深さのバランスなんかを見極めて生徒のみなさん各々にものすごく適切な指導に役立てるハラと見た!
 表っ面なぞっただけで突っ込み足らずのつまんない模範解答よりは少々危なっかしくても細かいところまでグサグサ行きたいですよね。
 多分先生もそう思ってるんじゃないのかな?
 受講生の皆さん!一本取るチャンスだぜ!
 



2018年8月2日木曜日

縄文土器

 噂の縄文展、日曜日に行ってきたんですが、縄文時代の陶工すげえ奴いっぱいいる!
 もともと考古学っぽい出土品の焼き物やその木っ端見るのも好きなんですが、いい!すげえ!

すげえというか、時代が流れることによって上がった技術はより高温度の焼成と釉薬に対すること、ほぼそれだけで、それは言っちゃあダビンチはパソコン使えないから俺のが上!とか、本因坊道策は今の定石知らないじゃん!いうのと同じで・・・そういうことじゃねえんだよなあ~

 粘土をこねくって何か作って焼きあげるんだよ!ってことに単純なむき出しの何かを見せつけられると過去の人だからといって脳ミソも手ワザも現代のが上でしょ!なんてことは一切無くてね。たまに指紋とか指痕なんか見つけちゃうといま俺たちが込めてるかもしれない怨念?と同じものが数千年の時を超えて共感しちゃいまして・・・
 修行中に親方から「オメーの作ったるつぼが何千年もたってからほじくりだされたときに、ヘタクソメ!と思われねえように作れよ!バレバレだからな!」などといわれたもんです。「いったい何やってんだ俺」って感じ
 まあコンセプトを上っ面でとらえると縄文土器がすげえすげえって展示で、派手な造形が素晴らしいとはいえ、他の世界の土器(弥生も含む)は、こんなにシンプルでさっぱりですよ~つって比較展示されたヤキモノも工業的技術的目線で見ると昔の陶工、どこのやつらもすげえ奴はすげえよ!
 やっぱりすげえやつが作ったいいもので、みんな大事にしてたから幸運が味方して残って堀り出されたのかもね。 



 いろいろな思考や妄想が頭の中を猛スピードでよぎるんですが、無学な身ですのでトンチンカンな話をだらりと垂れ流してもダレトクなので意識的にボンクラ中学生のように「ヤベー、スゲー、キタコレ~!」とだけ言っておきます。

 あとすげえといえば東博すげえ。展示がすげえのは当たり前ですが、よくよく建物としての来歴なんか考えれば俺がごときアンチオーソリタリアンの馬の骨がたかだか数百円で土足で上がれる立派な建物の上限かも(笑
 数年ぶりに行ったけどあらためてとにかく立派だわ



 まーいろいろヤキモノ屋として衝撃をあらためて受けまくってしまったので気が狂うほど炎天下の上野公園を走ってしまいました。


 イメージとしては全力疾走するトムクルーズだったんだけど、俺にはまだテレがある


これが理想!

ジルコニアのお碗

な感じ!




 本当は乳鉢のお化け的な奴です